スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

誰がためにミューズは微笑む

本日は秋月こおさんの「誰がためにミューズは微笑む」です。

《あらすじ》
M響での競演は成功したものの2人の間にはしこりが残った。
更に圭の過去や悠季の知らないところで交わされた教え子とのやりとりが発覚しついに悠季は家を飛び出してしまう。
行く当てのない悠季は五十嵐の好意でかつて2人が住んでいたマンションに居候することに・・・



お気に入り度★★★★

全国のリタイヤしてしまったフジミストの皆さん、お待たせしました(笑)
フジミシリーズ最新刊です。

M響での競演は成功したものの圭の失言によって出来てしまった溝はなかなか元には戻らなかった。
さらに、かつて圭が妊娠させた事実を聞いた悠季は遂に家を出てしまいます。

これまでずっと読んでいたわたしには今更な事実ですが、悠季にとっては初めて耳にした事件でして、つい感情的になってしまいます。
圭にとっては女性が全くダメになってしまった最後の引き金となった事件です。

きちんと自分の気持ちを整理する悠季です。
そして最後に残ったのはやはり圭への愛情でした。
仲直りをしますが、次の試練が・・・

そうですあのクマこと高嶺との対決です。

これも大変ワクワクドキドキさせてくれました。

今回、わたし的に凄く嬉しかったのはあの「変人倉の3老人」が再登場したことです。
圭に最初の音楽的指導(?)をした3人の老人。
人生の荒波を漕ぎわたり最後にたどり着いた変人倉。
彼らの心境は如何ばかりか・・・

来月番外編が出ると言うことで、こちらも楽しみです。

本日の煽り文句
「しばらく実家に帰らせてもらうから」

2008/06/29 18:16 
秋月こお*AB型Comment(2)Trackback(2) | Top ▲

コメント

こんにちは、たまさん。

悠季の家出!
どうなるかと思いましたが、結局、心配性の圭の手の平でしたね(笑)。

やはりね、圭と悠季は男同士のカップルだから、圭の過去に悠季が割り切れなかったのも分かる気がしました。

そうそう、クマさんは一段と迫力が増してましたね。ブリアント、文字通り凄かったと思います。

音楽シーンももっと読みたかったです。また来月も出るようで楽しみですねvv

TB、宜しくお願いしますvv

No:426 2008/07/06 14:02 | 桃 #-URL編集 ]

桃さん

TB返しありがとうございます(笑)

雑誌の方ではミスカ君が惚気(?)ていたりドイツの貴族さまが天然ぼけをかましてたりとなかなかでしたよ。

来月は番外編です。
久しぶりのお母様登場のようなので楽しみです。

No:427 2008/07/06 17:00 | たま #52IR0TwYURL[ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008/07/06 | 桃の楽園 |

富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部

誰がためにミューズは微笑む 富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部 (角川ルビー文庫 23-48 富士見二丁目交響楽団シリーズ 6部)『誰がためにミューズは微笑む 』秋月こお/著 角川ルビー文庫 富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部夫婦生活も長くなれば、ついにこのラブラ

2013/10/24 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。