スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

トラブルメーカー

3月遅れの周年記念企画です。
詳しくは最終巻のアップ後にまとめます。

本日は有馬さつきさんの「トラブルメーカー」です。

《あらすじ》
以前からトオルに付きまとっていた榊原にタカとの事を知られてしまう。
そして言われるままにホテルの部屋へ着いていくトオルだったが・・・




お気に入り度★★★(313P)

申し訳ありません。
遂に力尽きてしまいました。
シリーズ全てをレビュー出来ません。
このシリーズはここまでです。

前回登場したお邪魔虫・榊原ですが実はトオルの事をノンケだと思っていました。
なので、口説き方も強引ではあるのですが、かなりソフトなんですよね。
しかし、ふとした事からタカとトオルが恋人同士だと気が付きます。
そうなると俄然燃えてきます(笑)

なにせ、タカは榊原にとってこうありたいと思う理想のエリートで永遠のライバルでもあるんです。
そんなタカが「良いな~」と思っていたトオルの恋人だと知ると「何で自分が恋人ではいけないのか?」と、猛烈に迫ってきます。
ええ、お約束のように「ばらされたく無ければ言うことをお聞き」みたいな(笑)

馬鹿な男ですが、気持ちがわからなくは無いですよね。

お姫様危機一髪にはちゃんと王子様が助けに来てくれますが、この辺りの展開がどうも今ひとつでした。
すっきりしないな。

お邪魔虫・榊原は次の巻まで登場します。
ネタをばらしてしまえば、その撃退法も「なんだかな~」でした。

次回、総評編です。

本日の煽り文句
「うん。タカがいれば、それでいい・・・」
(ごちそうさまです)

2009/01/21 22:04 
有馬さつき *B型Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。