スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

幸村殿、艶にて候

本日は秋月こおさんの「幸村殿、艶にて候」です。

《あらすじ》
小大名の次男・幸村は関白・秀吉の名により九州へ赴く。
その道中、次々と家臣を増やし、総勢10名となった真田組は秀吉の九州遠征の先方を務めることに・・・
















お気に入り度★★★★

これにて九州編は終了です。
しかしまだ続くようです。

小国で有るが故にいつも大国の思惑に左右され、それでも何とか自国を守ってきた真田家。
前年の徳川との戦いで少しだけ名を上げてはいたが、その戦いの傷跡は深く、領民は困窮していた。
真田家の次男・幸村は父の命を受け、関白・秀吉の元に赴く。
そこで関白から命じられたのは九州攻めの為の影の働きだった。
わずかな供を連れて九州へと出発した幸村だったが、道中、数々の出来事を経て供も10名へと増えていった。

かの有名な真田十勇士のお話です。
しかし、まだ年若い幸村が主人公でして、失敗を重ねながら成長していくと言うお話でした。

さすがベテランの秋月さん。
お話の展開もエピソードも上手い!
読んでいて飽きさせない。

実際には、幸村が九州に赴いたと言う記述は何処にも無く、反対に行かなかったと言う記述も無いそうです。
ええ・・・昔のことですからね、誰も知らない(笑)
そのせいか、結構自由に書かれてました。
実在の武将もいっぱい出てきます。
大河ドラマでおなじみのあの方も出てきましたよ。
でも、秋月さんの書かれる直江は美人のイメージがあって、どうもドラマとは一致しません。

BLなんで当然幸村のお相手がいるのですが、なんと直江の主君でした。
しかも「直江を抱いた」などと書かれていて・・・ええ・・・やおい心をくすぐります。

旅の間にやがて満ちてくるコイゴコロなんですが、当て馬と言いますか横恋慕と言いますか、佐助が幸村に惚れています。

そしてなんと最後には3Pシーンまで大サービスでした。

もちろん大満足(笑)

次は小田原編のようです。
小田原の北条と言えばどうしても「バサラ」のあのジジイが思い出されて(笑)
どんなお話になるのかとても楽しみです。

2009/03/09 19:58 
秋月こお*AB型Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。