スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

茅島氏の優雅な生活

本日は麻々原絵里依さんの「茅島氏の優雅な生活」です。

《あらすじ》
高等遊民・茅島氏は日々退屈していた。
そんな茅島氏が唯一気になるのは、庭師の彼。




お気に入り度★★★★★

かの有名な遠野春日さんの「茅島氏の優雅な生活」のコミック版です。

ええ・・・最初は不安でしたよ。
あの独特の雰囲気をコミックで表現出来るのかと。
でもそんなことは最初の数ページで吹っ飛びました。
元々麻々原さんのイラは好きでしたが、こんなにエロイ絵を描く方だとは思いませんでした。

両親を交通事故で亡くし、遺産で優雅に暮らす茅島氏。
しかし、何事にも興味を持たず、日々退屈そうに暮らしていた。
そんな茅島氏が唯一気になるのは最高学府(もちろん東大)の法学部出身で司法試験にも合格しながら、学生時代に訪れた英国の庭園の美しさに心を奪われ、庭師となった彼でした。

お話はね・・・どう説明して良いのか、非常に難題なんですけど、コミックになって絵で観ると文字では読み尽くせなかった新しい発見がありました。

そして何より、茅島氏がエロイ(笑)
麻々原さんがこんなエロイ絵を描くってのも驚きなんですが、改めて絵で観ると茅島氏と彼の濡れ場はエロイです(笑)

勢いでノベルズ版も一気読みしてしまいました。
おまけでノベルズ版にちらりと出てくる緒方氏のお話も読んでしまいました。
こちらにも茅島氏がちらりと出ています。









まだまだ続くようなので、楽しみです。

2009/04/13 21:08 
コミックComment(2)Trackback(1) | Top ▲

コメント

こんにちは、たまさん。

ご無沙汰してます(^_^;)
私も、このお話は思い入れがあるだけに、コミック化には複雑な思いがありましたが、杞憂でした。

麻々原さんの硬質なのにふとした瞬間に色っぽい絵柄が、ピッタリでしたね。エロくても下品にならないところが、ステキv-238でした。

そういえば、茅島氏の友人となる美貌の医師のお話「夢の続き」は痛かったけど、リンク作、他にも色々とありますよね。そうそう、緒方氏もそうでした。「夏のカノン」にも若い頃の茅島氏が出ていますよね。

茅島氏のお話にハマッて、色々と買い集めた当時を思い出して懐かしかったです。

TB、よろしくお願いします。



No:456 2009/04/22 11:17 | 桃 #-URL編集 ]

桃さん
皆さん思い入れがあるようですね(笑)
名前も無く顔を出している作品もありますから、探すのは大変です。
でもそこがファンの醍醐味だったりしてね(笑)

TBありがとうございます。
こちらからも送らせて頂きます。

No:457 2009/04/23 18:28 | たま #52IR0TwYURL[ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009/04/22 | 桃の楽園 |

茅島氏の優雅な生活

茅島氏の優雅な生活 (花音コミックス) (花音コミックス)クチコミを見る麻々原絵里依/画 遠野春日/原作花音コミックス 『茅島氏の優雅な生活』って、私が遠野春日さんのファンになるきっかけになったお話です。某出版社から出ていたシリーズ3冊を、何度読み返したこと...

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。